スキンケアは自分の肌質を
知ってから選ぶべき!

敏感肌の人はどんなものを使うべき?

些細な刺激からも炎症を起こして肌トラブルになる人の肌を、敏感肌と言います。化粧水をつけることで肌がピリピリしたり、かゆみが生じる場合はほぼ間違いなく敏感肌と考えていいでしょう。敏感肌の人は適したスキンケア用品を選ばないと、赤みがひどくなるなどメイクにも影響を及ぼします。

敏感肌だからと言って、スキンケアを怠ってしまうと肌のバリア機能が低下して余計な肌トラブルを招いてしまいます。そんな時は敏感肌用のスキンケア用品を試してみましょう。皮膚科医が監修しているドクターズコスメなどは、肌トラブルが多い人のために開発されています。そのため、敏感肌や乾燥肌の人にも適しているスキンケア用品なのです。

敏感肌の人がこだわるべきポイントは、低刺激性の製品であることです。刺激が強いと、すぐにピリピリしたり、かゆくなったりなど悪い影響が出てしまいます。敏感肌用の人向けに作られているスキンケア用品は、基本的に低刺激性のものばかりです。

敏感肌の人は、スキンケアのやり方を間違うと乾燥肌にもなりかねません。そのため、重視するポイントは保湿と保水です。注意したいのは洗浄力が高い洗顔料を使うことです。洗浄力が高いということは、それだけ刺激が強いということなので気をつけましょう。